綺麗な仕上がりになる!ふすまの張替えは業者に頼もう

ふすまは定期的に張替えよう!

和室の入り口や仕切りとして見かけることが多いふすまですが、毎日使用していくため、時間が経つと劣化や破損が目立ってしまうでしょう。そのような問題を解消するためにも、ふすまは定期的に張替える必要があります。また、ふすまを張替えるメリットはいくつかあるのでチェックしていきましょう。

ふすまを張替えるメリットBEST3

no.1

部屋の空気がスッキリする

ふすまには室内の湿度を調整してくれる機能が備わっています。長年、同じふすまを使用しているとこの機能が低下してしまうので、それを防ぐためにも張替えをしていくと良いでしょう。新しいふすまにすることで部屋の空気が変わりますよ。

no.2

見た目が良くなる

汚れていたり、破損したりしているふすまをそのまま放置していると、お世辞にも綺麗とは言えません。汚れや破損が目立つふすまを新しく張替えることで、室内の見た目が良くなるメリットを得られるでしょう。

no.3

イメージチェンジになる

襖紙には色々な種類があり、デザイン性が高いものもあるので、張替えることで部屋の印象を大きく変えることができます。イメージチェンジもメリットの1つと言えます。ふすまをインテリアとして楽しみたい方は張替えていくと良いですよ。

no.4

綺麗な状態を維持することができる

ふすまの張替えでは襖紙の交換も勿論できます。織物紙はシミなどを防いでくれる効果に期待が持てるので、和紙の場合は織物紙に張替えましょう。常に綺麗な状態を保てるメリットがありますよ。

no.5

洋室にも使える

便利なことにふすまは和室から洋室にリフォームをしても、そのまま使用することが出来る場合があります。洋室でも使用していきたい場合はプラスチック製の壁紙とビニールクロスをべニア板に張ったタイプにしましょう。

ふすまは業者に依頼して張替える?自分で対応する?

ふすま

業者にまかせるのがおすすめ

自宅にあるふすまを張替えたいと考えたとき、どのように対応していけばいいのか悩みますよね。ふすまの張替えは基本的に専門的な知識と技術が必要となっています。そのため、綺麗な仕上がりでスムーズに張替えたい場合は専門の張替え業者に依頼するのが1番と言えるでしょう。

自分で対応した場合

もし、自分で張替え対応をする場合、必要となる材料や使う道具などを1から買い揃えないといけません。また、手際よく作業をしていかないと張替えに失敗する恐れもあるでしょう。専門的な知識と技術を持っていないとふすまの張替えは難しいと言えるので、慣れていない方は初めから業者に依頼した方が賢明です。

張替えのタイミング

張替えの対応方法について知りましたが、今度は張替えをするタイミングを把握していきましょう。基本的にふすまは5年ほどを目安に張替えていくと良いですよ。ふすまが持っている機能の衰えを防止するためにも、5年を区切りに張替えることです。なお、業者に依頼する際の流れも事前に把握しておくと役立つと言えます。

業者に依頼する流れを紹介!

利用する業者を選ぶ

業者にふすまの張替えを依頼する場合、まずは利用するところを選んでいきましょう。全国各地に張替えを対応してくれる業者が存在しているので、慎重に選んでいくことが大事です。

依頼の連絡をする

利用する張替え業者が決まったら、早速依頼の連絡を入れましょう。依頼方法は業者によって異なりますが、大体は電話やメール、お問い合わせフォームが使えます。依頼しやすい方法で連絡をすることです。

現地調査&見積もりの案内

依頼をしたら、業者の作業員が問題のふすまがある自宅に訪問して現地調査を実施します。現地調査の結果次第で見積もりの内容が分かるでしょう。見積もりを確認して、利用するか検討していくといいですよ。

張替え作業

提示された見積もり金額や作業内容に納得することが出来たら、作業開始となります。プロである作業員が手際よく問題のふすまの張替えをしてくれるでしょう。安心して作業を任せることが出来ます。

作業終了

ふすまの張替え作業が無事に終わったら、担当した作業員と一緒に確認をしていきます。そこで、気になる点や問題点が無ければ料金のお支払いをして、全ての作業が終了となります。

広告募集中